都道府県対抗 全国女子駅伝 2年ぶりに京都で開催 出場選手発表

女子選手たちが新春の京都でたすきをつなぐ都道府県対抗の全国女子駅伝の出場選手が発表され、去年の東京オリンピックで活躍した廣中璃梨佳選手や田中希実選手などが大会に臨むことになりました。

新型コロナウイルスの影響で去年の大会が中止となり、2年ぶりの開催となる全国女子駅伝は、今月16日に京都市の「たけびしスタジアム京都」をスタートとフィニッシュとするマラソンと同じ距離のコースで行われ、中学生から社会人までの9人のランナーがたすきをつなぎます。

11日は、大会事務局による記者会見がリモート形式で行われ、出場選手などが発表されました。

このうち、去年の東京オリンピックの代表は1万メートルで7位に入賞した廣中選手が地元・長崎から、1500メートルで日本選手初の入賞となる8位に入った田中選手が地元・兵庫から出場するなど5人が走る予定です。

また、今月での現役引退を発表した39歳の福士加代子選手が今回の出場選手のうち最年長のランナーとして地元・青森から最後の駅伝に臨みます。

さらに、大学駅伝で従来の記録を大幅に更新するなど期待の新星として注目を集める拓殖大1年の不破聖衣来選手が群馬のメンバーとして出場し、先月の全国高校駅伝を圧倒的な強さで優勝した仙台育英高校の選手たちが、宮城のメンバーとしてたすきをつなぎます。

大会は、新型コロナの感染が再び急拡大する中、スタジアムに観客を入れないほか、沿道での応援の自粛を強く呼びかけています。

全国女子駅伝は、今月16日午後0時半にスタートする予定で、NHKでは総合テレビとラジオ第一、NHKプラスで中継するほか、特設サイトを設けて選手の情報や速報などをお伝えする予定です。

東京五輪代表も出場 注目選手は

今回で40回の節目を迎える全国女子駅伝には去年夏の東京オリンピックの代表選手たちも出場し、大会を盛り上げます。

大会には、東京オリンピックの中長距離やマラソンの女子の代表5人が出場する予定です。

このうち1万メートルで7位に入賞した廣中璃梨佳選手が地元の長崎から出場し、1500メートルで日本選手として初の入賞となる8位に入った田中希実選手が地元の兵庫から出場します。

さらに、マラソンで8位に入賞した一山麻緒選手が地元の鹿児島から出場するほか、1万メートルの代表、安藤友香選手が所属チームのある京都、3000メートル障害の代表、山中柚乃選手が同じく所属チームのある愛媛から出場します。

また、オリンピックに長距離とマラソンで4大会連続出場を果たし、今月での現役引退を発表した39歳の福士加代子選手が青森のふるさとランナーとして最後の駅伝に臨みます。
福士選手は、今大会に出場する選手の中で、最年長です。

注目選手はオリンピアンだけではありません。

群馬から出場する拓殖大1年の不破聖衣来選手は、先月、1万メートルで日本歴代2位のタイムを出し、全日本大学女子選抜駅伝「富士山女子駅伝」では、エース区間の5区を走り、それまでの区間記録を2分近く更新するなど女子長距離の新星として期待されています。

さらに、先月の全国高校駅伝で活躍した高校生からは1区で積極的な走りを見せて優勝に貢献した宮城の仙台育英高校のエース、米澤奈々香選手や最後のトラック勝負で粘りの走りを見せてチームを2位にあげた大阪薫英女学院のアンカー、水本佳菜選手などが再び、都大路を走ります。

中学生も3000メートルのタイムが出場する中学生の中で最も速い千葉の今西紗世選手や去年の全国中学選手権の1500メートルで優勝した福岡の川西みち選手など、将来有望な選手たちがたすきをつなぎます。