“債務のわな”中国依存のスリランカ 返済条件の緩和求める

インド洋の島国スリランカのラジャパクサ大統領は中国の王毅外相と会談し、日本円で少なくとも3900億円余りにのぼると言われる、中国に対する債務の支払期限の延長など返済条件の緩和を検討するよう求めました。

中国の王毅外相は9日、訪問先のスリランカでラジャパクサ大統領らと会談しました。

スリランカ政府によりますと、会談で王外相は「中国は親しい友人として常にスリランカを支援する」と述べ、ラジャパクサ大統領は、中国からの新型コロナウイルスのワクチンの提供や財政支援に感謝の意を伝えたということです。

また会談では、ラジャパクサ大統領は世界的な感染拡大の中で起きたスリランカの経済危機を乗り切るため、支払期限の延長など債務の返済条件の緩和を検討するよう求めました。

中国は巨大経済圏構想「一帯一路」のもと、アジアなど各国でインフラ投資を進めていますが、このうちスリランカは中国に対する債務が少なくとも33億8800万ドル、日本円で3900億円余りにのぼるなど膨らみ続けていて、南部のハンバントタ港は返済が滞ったことを理由に運営権が99年間にわたって中国側に譲渡されています。

スリランカでは中国に対する債務が膨らみ、結果として中国の影響力が増すいわゆる「債務のわな」の問題が指摘されていますが、経済危機から抜け出せない中、中国への依存は深まっています。