「ドライブ・マイ・カー」全米映画批評家協会賞 4部門を受賞

アメリカの批評家が去年の最も優れた映画を選ぶ全米映画批評家協会賞が8日、発表され、濱口竜介監督の映画「ドライブ・マイ・カー」が作品賞をはじめ4つの部門を受賞しました。

濱口竜介さんが監督、西島秀俊さんが主演を務める「ドライブ・マイ・カー」は村上春樹さんの短編小説が原作で、舞台俳優で演出家の男性が専属ドライバーの女性と出会い、ともに過ごすうちに、目を背けてきた亡き妻の秘密と向き合う物語です。

全米映画批評家協会は8日、「ドライブ・マイ・カー」が作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の合わせて4部門を受賞したと発表しました。

配給会社によりますと、作品賞を受賞した日本映画は、1985年の黒澤明監督の「乱」以来だということです。

また主演男優賞は、西島さんがアジアの俳優として初めての受賞となります。

全米映画批評家協会賞は「アカデミー賞の前哨戦」とも位置づけられています。

「ドライブ・マイ・カー」は去年、カンヌ映画祭で脚本賞を受賞するなど国際的に高い評価を受けていて、ことしのアカデミー賞でも注目が高まりそうです。