藤井聡太四冠の“五冠”なるか 9日から「王将戦」開幕

将棋の八大タイトルの一つ「王将戦」の七番勝負が9日、開幕します。
今まで誰も成しえなかった10代での「五冠」達成がかかる今回のタイトル戦について、藤井聡太四冠(19)は「注目されている王将戦にふさわしい将棋を指したい」などと意気込みを語りました。

藤井四冠は去年、史上最年少となる19歳3か月で「四冠」を達成し、八大タイトルのうちの半分を保持しています。

9日から始まる「王将戦」を前に、対局が行われる静岡県掛川市で会見が行われ、挑戦者の藤井四冠は「しばらく公式戦の対局はなかったので、王将戦を常に意識して取り組んできました。王将戦は注目してもらっているシリーズなので、それにふさわしい将棋にできるように頑張りたい」と意気込みを語りました。
一方、タイトルホルダーの渡辺明三冠(37)は「藤井さんとは、これまでもタイトル戦で戦っているが、自分としては結果が出ていない。厳しい相手です。これまで準備してきた成果がどう出るのかを見ながら、2局目以降につながるような内容の将棋にしていきたい」と話していました。

「王将戦」七番勝負は、3月にかけて対局が組まれ、先に4勝した棋士がタイトル獲得となります。
渡辺三冠が4連覇を果たすか、藤井四冠がタイトルを奪い、「五冠」の最年少記録を更新するか、勝負の行方が注目されます。
第1局は9日、「掛川城二の丸茶室」で行われ、10日に勝敗が決まる見通しです。