バイデン大統領「私の経済計画が機能」失業率3%台に改善で

アメリカのバイデン大統領は支持率の低迷が続く中、7日に発表された失業率が新型コロナウイルスの感染拡大前の3%台まで改善したことについて「私の経済計画が機能している」と述べ、みずからの実績としてアピールしました。

アメリカで7日に発表された先月の失業率は前の月より0.3ポイント低下して3.9%に改善し、新型コロナの感染拡大前のおととし2月以来、1年10か月ぶりに3%台となりました。

この発表を受けて記者会見したバイデン大統領は「私の経済計画が機能し、アメリカを立ち直らせている。経済全体がパンデミックの前よりも強くなっている唯一の先進国だ」と述べ、就任から1年となる経済運営の成果だと強調しました。

アメリカでは消費者物価の上昇率が39年ぶりの高い水準を記録しインフレが長期化していることなどから、バイデン大統領の支持率は40%台前半まで下がっていて、今回、失業率の改善をみずからの実績としてアピールした形です。

一方、オミクロン株の感染が急拡大していることについてバイデン大統領は「問題は残っているが、1年前と今とでは全く状況が違う。90%の学校が授業を続けている」と述べ、市民生活や経済活動を厳しく制限する措置は行わず、検査の拡充やワクチン接種で対処していく考えを示しました。