黒人初 アカデミー主演男優賞受賞 シドニー・ポワチエさん死去

アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞で黒人として初めて主演男優賞を受賞するなど、黒人俳優の先駆けとして活躍したシドニー・ポワチエさんが亡くなりました。
94歳でした。

シドニー・ポワチエさんは、アメリカ南部フロリダ州で生まれ、大西洋の島国バハマで育ちました。

アメリカに戻って俳優としての活動を始め、1963年の映画「野のユリ」で荒れ地で教会建設に打ち込む黒人青年役を演じ、黒人として初めてアメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞の主演男優賞を受賞しました。

アメリカで黒人差別の撤廃を求めた公民権運動が続く中、多くの映画に出演し、1967年に公開された「夜の大捜査線」では、黒人差別の激しいアメリカ南部でおきた殺人事件の捜査にあたる敏腕刑事を演じ、映画はアカデミー賞の作品賞を受賞しました。

黒人俳優の先駆けとして活躍を続けたポワチエさんは、2009年、当時のオバマ大統領から民間人に与えられる最高の栄誉である「自由勲章」を贈られました。

バハマの外務省によりますと、ポワチエさんは6日に亡くなったということです。

94歳でした。