“北朝鮮の極超音速ミサイルは不十分” 韓国国防省関係者

北朝鮮が極超音速ミサイルの発射実験を5日、行ったと発表したことについて、韓国国防省の関係者は、飛行距離や性能が誇張されているなどとして、極超音速ミサイルと呼ぶには技術的に不十分だとする見方を示しました。

北朝鮮は6日、国営メディアを通じて、国防科学院が極超音速ミサイルの発射実験を5日に行い「700キロ先の目標に誤差なく命中した」などと発表しました。

これについて、韓国国防省の関係者は7日、初期の分析結果を明らかにしました。

それによりますと、今回のミサイルは去年10月の「国防発展展覧会」で公開されたもので、去年9月に北朝鮮が初めて発射した、極超音速ミサイルだとする「火星8型」とは異なる種類だと分析しています。

そのうえで、最高速度は「極超音速」にあたるマッハ6程度だったものの、これを維持することができなかったほか、水平移動しながら飛行距離が700キロに達したとする北朝鮮の主張は誇張されているとして、極超音速ミサイルと呼ぶには技術的に不十分だとする見方を示しました。

さらに韓国国防省の関係者は、韓国やアメリカが探知して迎撃することは可能だと説明し、今後も北朝鮮のミサイル開発の推移を注視していく姿勢を強調しました。