カザフスタン大統領「警告なしに射撃」抗議活動を抑え込む考え

中央アジアのカザフスタンで大規模な抗議活動が広がり、治安当局との衝突で多数の死傷者や拘束者が出る中、デモ隊を一掃する作戦を進めるトカエフ大統領は7日、国民向けに演説し「警告なしに射撃するよう命令を出した」と述べ、抗議活動を徹底して抑え込む考えを示しました。

カザフスタンでは燃料価格の大幅な値上がりをきっかけに、政府に対する抗議活動が各地に広がり、内務省によりますと、これまでにデモの参加者26人と治安当局者18人が死亡し、3000人以上が拘束されたということです。

カザフスタン政府は、テロ行為だとしてデモ隊を一掃する作戦を進める中、7日、テロ対策に関する会合を開きました。

この中でトカエフ大統領は「対テロ作戦が始まった。すべての地域で秩序はほぼ回復した」と強調しました。

このあと、トカエフ大統領は国民向けに演説し「私は警告なしに射撃するよう軍に命令を出した。武装勢力は武器を捨てずに罪を犯し続けており、最後まで戦う必要がある」と述べ、抗議活動を徹底的に抑え込む考えを示しました。

現地ではカザフスタンの要請を受けて、ロシアが主導し旧ソビエトの6か国で構成するCSTO=集団安全保障条約機構の部隊も活動を始めていて、政権側は、ロシアなどを後ろ盾に強気の姿勢を示しています。

一方、日本の外務省によりますと、これまでのところ、日本人が被害にあったという情報は入っていないということです。

中国 習主席 “カザフスタン大統領を支持する考え”

国営の中国中央テレビによりますと、習近平国家主席は7日、カザフスタンのトカエフ大統領にメッセージを送り「果敢に強力な措置をとり、事態を迅速に鎮静化させた」などとして支持する考えを示しました。

そのうえで「いかなる勢力もカザフスタンの安定を損ない、安全を脅かしたり、カザフスタンに動揺をもたらしたりすることに断固反対する」として、できるかぎりの支援を行うと表明しました。