米 次世代高速炉の開発計画 三菱重工業などが技術協力へ

アメリカで開発が進められている、次世代の高速炉の開発計画に国立の研究機関、日本原子力研究開発機構と三菱重工業が技術協力することになりました。

アメリカではエネルギー省と原子力エネルギー企業の「テラパワー」が、次世代の高速炉の開発計画を進めていて、2028年の運転開始を目指しています。

関係者によりますと、この計画に国内で実証炉を使った研究開発を進めてきた、日本原子力研究開発機構と三菱重工業が協力する方針を決め、近く覚書を交わすということです。

両者はこれまでの設計技術やデータなどを提供する一方、新たな開発に参加することで知見の獲得を目指すことにしています。

これについて小林経済安全保障担当大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で、三菱重工などが協力要請を受けていることを明らかにしたうえで「海外開発プロジェクトへの参画は、原子力に関する国際協力の視点のみならず、わが国の人材育成の機会を確保するためにも重要だ」と述べました。

そのうえで、日本の先端技術を維持することや人材育成が、経済安全保障上、重要になるという認識を示しました。