大雪の関東 厳しい冷え込み 路面凍結で交通影響や転倒など注意

関東では6日、東京の都心で積雪が10センチに達するなど大雪となりました。
7日朝は、関東各地で今季一番の厳しい冷え込みとなって、雪が残ったり路面が凍結したりしているところもあり、交通への影響や歩行中の転倒などに注意が必要です。

気象庁によりますと、6日は関東や静岡県の広い範囲で雪が降り、積雪が一時、東京の都心では10センチ、横浜市と茨城県つくば市で8センチなどと関東南部を中心に大雪となりました。

一夜明けても雪が残り、午前11時の積雪は
▽茨城県つくば市で6センチ
▽東京の都心で4センチ
▽横浜市や千葉市で3センチとなっています。

関東では7日朝、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響も加わって厳しい冷え込みが続き、最低気温は
▽さいたま市でマイナス8.3度
▽宇都宮市でマイナス5.5度
▽水戸市でマイナス5度
▽東京の都心でマイナス3.5度
▽千葉市でマイナス2度などと
各地で今シーズン最も低くなりました。
気温は次第に上がっていますが、日陰などでは雪が残ったり、路面が凍結したりしているところもあります。

気象庁は交通への影響や歩行中の転倒などに注意するよう呼びかけています。

外出の際には、道路の状況をよく確認し、滑りにくい靴を履くなどの対策をとるほか、ふだんより時間に余裕を持って行動することが大切です。

スリップ事故も相次いでいて、車を運転する場合には必ず冬用タイヤやチェーンを装着するようにしてください。