福島第一原発「燃料デブリ」取り出しに向け12日から内部調査

東京電力福島第一原子力発電所の事故で溶け落ちた「燃料デブリ」の取り出しに向け、延期されていた1号機のロボットによる内部調査が今月12日から始まることになりました。

福島第一原発1号機の格納容器の内部調査は、当初、2019年度に始める計画でしたが、事前の準備に時間がかかり延期されていました。

東京電力によりますと、調査は今月12日から始め、異なる機能をもつ6種類のロボットを使い、半年以上かけて格納容器内部の水中にあるとみられる堆積物について厚みや分布状況を超音波で測定するほか、少量をサンプルとして採取するということです。

ロボットが水中をスムーズに移動できるよう、通り道のカバーを設置する作業にも遠隔操作のロボットが使われるということです。

福島第一原発では、メルトダウンを起こした3基のうち、2号機と3号機で「燃料デブリ」とみられる堆積物が確認された一方、1号機ではまだ確認されておらず、今回の調査によって取り出しに向けた手がかりがつかめるか注目されます。

6日会見した東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの松尾桂介リスクコミュニケーターは「6種類の装置を用いてさまざまな情報を取得し、デブリの取り出しに向けた手順を検討していく」と話しました。