長崎 大村で住宅火災 2人遺体で見つかる 高齢夫婦と連絡取れず

5日午後、長崎県大村市の住宅で火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。火事のあと、この家に住む80代の夫婦と連絡が取れなくなっていて、警察が身元の確認を進めています。

5日午後2時ごろ、長崎県大村市田下町の住宅から「家が燃えている」と、この家に住む女性から消防に通報がありました。

消防によりますと、火は、およそ3時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡からは2人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、火事のあと、この家に住む80代の夫婦と連絡が取れなくなっているということで、警察は身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。

現場から100メートルほど離れたところに住む60代の女性は「サイレンが鳴って玄関を開けて外に出た瞬間に、目の前の家が燃えていたのでびっくりしました。高齢のご夫婦が住んでいるので心配です」と話していました。

現場は、大村市のJR竹松駅から東に4キロ余り離れた、畑や住宅が点在する地域です。