今夜~九州北部や四国山沿い大雪か あす関東南部も積雪見込み

日本の南を進む「南岸低気圧」の影響で、5日夜遅くから6日にかけて西日本と東日本の太平洋側を中心に雪が降り、九州北部や四国の山沿いでは大雪となるおそれがあります。
関東南部の平地でも6日は雪が積もるところがある見込みで、気象庁は積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと九州の西の東シナ海で、このあと前線上に低気圧が発生し、6日にかけて日本の南を東へ進む見込みです。

一方、北からは寒気が流れ込んで地上の気温も下がるため、西日本と東日本の太平洋側を中心に雪が降り、九州北部や四国では5日夜遅くから6日の昼前にかけて、山沿いを中心に大雪となる見込みで、ふだん雪の少ない平地でも雪の量が増えるおそれがあります。

また、関東南部でも6日昼前から夜にかけて雪や雨が降る見込みです。

6日夕方までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▼九州北部の
▽山沿いで10センチ
▽平地で3センチ
▼四国の
▽山沿いで15センチ
▽平地で5センチと予想されています。

また
▼関東南部の
▽山沿いで3センチ
▽平地で1センチと予想され、
東京23区でもうっすらと積もるところがある見込みです。

気象庁は積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意し、朝の通勤や通学の時間帯に雪が降るおそれもあることから、時間に余裕を持って行動するよう呼びかけています。

また「南岸低気圧」の進路によっては、雪が降る場所や量が大きく変わることもあり、最新の気象情報に注意してください。

予報官泣かせ “南岸低気圧”

関東など太平洋側で雪を降らせるおそれがある“南岸低気圧”。

文字どおり本州の南を進む低気圧のことです。

進路や寒気の位置などわずかな条件の違いによって「雪か雨か」や「どこで降るのか」が変わるため、気象庁では「予報官泣かせ」とも言われています。

予報のプロをも困らせる“南岸低気圧”とは。

太平洋側に雪を降らせる

クリスマスから年始にかけて冬型の気圧配置が断続的に強まり、上空には強い寒気が流れ込んで、日本海側を中心に記録的な大雪となりました。

“南岸低気圧”による太平洋側の雪はこれとはメカニズムが異なります。

気象庁によりますと5日夜、九州の西の東シナ海で前線上に低気圧が発生し、6日にかけて本州の南の沖合=「南岸」を東へ進むと予想されています。

こうした進路をたどる低気圧は“南岸低気圧”と呼ばれ、冬に限らず1年を通してよく見られる気圧配置です。

この時期は低気圧や前線に向かって南からは湿った空気が流れ込み、北からは冷たい空気を引き込みます。

これらがふれ合う場所で雪が降りやすくなります。

“つかず離れず” がポイント

では、なぜこの“南岸低気圧”が、予報のプロたちを「泣かせてきた」のでしょうか。

それは、低気圧が本州の南のどのあたりを進むのか(緯度)がわずかに予想とずれるだけで、陸地で雪になるかや降雪量が大きく変わるからです。

陸に近いところを進めば、暖かく湿った空気が陸地に広くかかるため雨が降ることが多くなる一方、陸から大きく離れた南寄りを進むと、湿った空気が陸地に届かず雪や雨が降りにくくなります。

関東を例に取ると、一般的に“南岸低気圧”が伊豆諸島の八丈島付近を進んだ場合、東京など関東の平地で雪の降る可能性が高くなるとされています。

陸地から「つかず離れず」の距離が雪かどうかを決めるわけです。

交通への影響出るおそれ 余裕を持った行動を

5日夕方時点の予想では、九州や四国では山地を中心にまとまった雪となり平地でも積もるほか、関東でも6日昼前から夜にかけて雪が降り、東京23区でもうっすらと積もるところがあると予想されています。

都市部では雪による交通への影響が出るおそれもあり、気象庁は常に最新の気象情報に注意して余裕を持って行動するよう呼びかけています。