トラに襲われ飼育員3人けが 2人重傷 栃木 那須サファリパーク

5日午前、栃木県の「那須サファリパーク」で飼育員3人がトラに襲われてけがをし、このうち2人は重傷だということです。
警察などが詳しい状況を調べています。

5日午前8時半ごろ、栃木県那須町の那須サファリパークで、飼育員の男女3人が相次いでトラに襲われ、病院に搬送されました。

警察や消防によりますと、このうち26歳と22歳の女性飼育員2人は頭などをかまれ、重傷だということです。

施設によりますと、襲ったのは11歳のオスのベンガルトラ「ボルタ」で、体長およそ2メートル、体重は150キロほどあるということです。

当時は、26歳の女性飼育員が開園に向けて屋内の飼育施設から屋外に移動させる準備をしていて、本来トラがいないはずの移動用の通路付近で鉢合わせして襲われたとみられるということです。

そして、悲鳴を聞いて駆けつけた2人の飼育員も相次いで襲われたということです。

トラは、夜間、飼育施設の中にある鍵のかかった小部屋に入れることになっていますが、4日夜はその確認をしていなかったということです。

会見した「那須サファリパーク」の葛原直人支配人は「トラが本来いないはずのところにいたことによって起きた事故だと思われる。原因を徹底的に究明し、事故が起きないようにしたい」と述べました。

「那須サファリパーク」は、トラやホワイトライオンなど70種類、700頭の動物が放し飼いされ、来園者が車で移動して動物の様子を楽しむ施設で、事故を受けて、当面、休園するとしています。

この施設では、平成9年と平成12年にも飼育員などがライオンにかまれて大けがをする事故が起きています。

人気のトラ 特集動画でPRも

施設によりますと、飼育員を襲ったのは、「ボルタ」という愛称の11歳のオスのベンガルトラです。

体長2メートル、体重が150キロほどあり、世界で30頭ほどしか飼育されていないとされる金色の毛並みが特徴だということです。

施設では、とら年にちなんで、今月2日に動画投稿サイトのYouTubeで特集動画を公開していました。

「独占インタビュー」というタイトルが付けられた動画では、全国のサファリパークや動物園が参加する「推し虎グランプリ」という来園者の人気投票のランキングで現在、1位になっていることを紹介しています。

施設によりますと、「ボルタ」は垂れ目の表情が癒やし系だとして施設の動物の中で人気があるということです。