トルコのウイグル人 中国の習近平国家主席らを人権侵害で告発

トルコで暮らすウイグルの人々は、中国の新疆ウイグル自治区で人権が侵害されているとして、中国の習近平国家主席や治安当局者など100人余りを刑事告発しました。
北京オリンピックの開催が来月に迫る中、ウイグルの人権状況への国際的な関心を高めたい思惑もあるとみられます。

トルコで暮らすウイグルの人たち19人は4日、中国の新疆ウイグル自治区で116人に収容所生活を強いているとして、中国の習近平国家主席や治安当局者など112人を刑事告発しました。

代理人の弁護士は、習主席や治安当局者などには、民族などの集団に破壊する意図をもって危害を加える「ジェノサイド」に関与した疑いがあるとしています。

ウイグルとトルコの人々は民族的に近く、トルコではおよそ5万人のウイグルの人々が暮らしています。

最大都市イスタンブールの裁判所の前には、告発を受けておよそ150人のウイグルの人々が集まり、中国政府に抗議の声を上げていました。

妹が収容所にいるというメディネ・ナジミさんは、「私も妹もトルコ国籍を持っている。トルコ政府は、無実の妹を助け出してほしい」と、スピーチで訴えました。

トルコで暮らすウイグルの人々は北京オリンピックの開催に反対していて、今回の告発の背景には、ウイグルの人権状況への国際的な関心を高めたい思惑もあるとみられます。

中国報道官「反中勢力がでっちあげた でたらめ」

中国外務省の汪文斌報道官は、5日の記者会見で「新疆ウイグル自治区での人道に対する罪などというものは、反中勢力がでっちあげた、とんでもないでたらめであり、事実や法律的な根拠は何もない。うそに基づいて中国を攻撃し、中傷しようというたくらみは、絶対に成功しない」と述べ、反発しました。