トヨタ アメリカでの年間新車販売台数 GMを初めて上回る

トヨタ自動車が去年1年間にアメリカで販売した新車の台数は233万台余りと、アメリカ最大手のGM=ゼネラル・モーターズを初めて上回りました。

北米トヨタは4日、去年1年間にアメリカで販売した新車の台数がおととしと比べて10%増えて233万2000台余りと発表しました。

アメリカで最大手の自動車メーカー、GM=ゼネラル・モーターズが去年アメリカで販売した新車の台数は221万8000台余りで、トヨタがGMを初めて上回りました。

GMは世界的な半導体不足を受けて北米やメキシコの工場で一時生産の休止を余儀なくされ、去年のアメリカでの新車販売台数はおととしと比べて12%減少していました。

トヨタは減産はしたものの影響が限定的だったことに加えて、ハイブリッド車などの人気が根強く、アメリカでの販売台数を伸ばしました。

GMはアメリカの年間の新車販売台数で長年にわたり首位の座を保ち、欧米の複数のメディアは、GMが首位から陥落したのは1931年以来初めてだと伝えています。