車への不正アクセス防止へ セキュリティー開発加速

自動運転のソフトウエアを通信でアップデートするなどネットワークにつながった車が増える中、不正アクセスを防ぐための対策がことしから義務づけられます。これを見越してIT企業の間では車向けのセキュリティーシステムの開発が加速しています。

大手自動車メーカーは、車と外部のネットワークをつなぎ、自動運転のソフトウエアのアップデートやさまざまな遠隔操作ができる「コネクティッド」と呼ばれる仕組みを多くの車種に搭載しています。

ただ、ネットワークが不正アクセスを受ける危険性が指摘されていて、法令の改正でことし7月以降に販売される新型車から順次対策が義務づけられます。

こうした中、IT企業などの間では車向けのセキュリティーシステムの開発が加速していて、東京のベンチャー企業は自動運転の画像認識システムをねらったサイバー攻撃などに備え、AI=人工知能を活用した仕組みをつくっています。

クリエイターズネクストの窪田望社長は「自動運転の時代がやってくると考えると、セキュリティーの課題はまだ解決できていない領域だ。自動運転の車を開発している会社と研究したい」と話しています。

また、パナソニックが車への不正アクセスを24時間監視するシステムを開発したほか、日立製作所もIT企業などと連携して開発を進めています。

車のシステムが不正アクセスを受けた場合、重大事故につながるおそれもあり、対策が急がれます。