立民 泉代表「参院選 野党で改選議席の過半数獲得を目指す」

立憲民主党の泉代表は、三重県伊勢市で記者会見し、夏の参議院選挙で、野党として改選議席の過半数の獲得を目指す考えを示しました。

立憲民主党の泉代表は年頭にあたって、三重県伊勢市の伊勢神宮に参拝したあと記者会見しました。

この中で泉氏は「ことしは年男なので、虎は1日に千里を走るという行動力で、全国各地で党の政策を訴えて回りたい。『政策立案型政党』を掲げているが、疑惑や不祥事は厳しく追及し、野党としての監視機能をしっかり発揮していきたい」と述べました。

そして、夏の参議院選挙について「国民民主党の玉木代表とよく協議をして、定員が1人の『1人区』の戦い方が一致するよう努力し、『2人区』についても話を進めたい。野党として、改選議席の過半数の獲得を目標とし、党としても現有議席を1つでも増やしたい」と述べました。

一方、共産党との連携については「去年の衆議院選挙の厳しい結果を受けて、共産党との関係は一度見直すことにしている。われわれの政策を前提にした政権の枠組みを目指さなければならないが、現在の自公政権を変えていくという文脈の中で、協力できる政党とは真摯(しんし)に話し合いをしていきたい」と述べました。