沖縄 無料の民間PCR検査が混雑 新型コロナ感染再拡大で

新型コロナウイルスの感染が再拡大している沖縄県では、無料で検査を受けられる民間の検査機関が混雑しています。

このうち観光客も多く訪れる那覇市の国際通りにある民間の検査機関では、先月25日からPCR検査が無料で受けられるようになりました。

4日は午前10時の時点でおよそ25人が列を作っていて、訪れた人は防護服を着た職員に案内され、中で唾液を採取し、5分ほどで検査を済ませていました。

この検査機関では早ければ、その日のうちに検査結果が判明するということです。

国際通りをはじめ、県内10か所で検査機関を運営している「沖縄PCR検査センター」によりますと、オミクロン株が県内で確認された先月中旬以降、検査の数が急増していて、多いところでは一日に300人から400人が検査に訪れているということです。

県によりますと現在、県内22か所の民間の検査機関で無料で検査を受けられるということです。