吹雪の中 日光の神社で無病息災など祈る伝統の「武射祭」 栃木

栃木県日光市の神社で矢を放って1年間の無病息災などを祈る伝統の「武射祭」が行われました。

室町時代から伝わるとされる「武射祭」は、奥日光の中禅寺湖のほとりにある二荒山神社中宮祠で毎年1月4日に行われる伝統行事です。

大蛇に姿を変えた日光の男体山の神と、大ムカデに変身した群馬県の赤城山の神が領地争いをした際に、弓の名人が矢を放って赤城山の神を退けたという言い伝えにちなんでいます。

4日は吹雪のなか、えぼしを着けた神職や、かみしも姿の弓の愛好家が、湖を見下ろす境内から赤城山の方角に向けて「ヤァ-」と声を上げながら矢を放って、無病息災を祈りました。

放たれた矢は幸運を呼び込むとされ、訪れた観光客や地元の人たちが矢が放たれた林に先を競うように入り拾っていました。

矢を拾った宇都宮市の20代の女性は「とら年生まれでことし矢を拾うことができたのでいいことがありそうです」とうれしそうに話していました。

二荒山神社の宮司の中麿輝美さんは「古式にのっとって弓を放ち、国家の安泰や新型コロナウイルスの終息、地域社会の安寧を祈念しました。一日も早く今までの生活ができるよう祈るのみです」と話していました。