受験生たちが合格祈願の「知恵の輪」くぐり 大阪 四天王寺

本格的な受験シーズンを前に、合格祈願の法要が大阪の四天王寺で営まれ、受験生などが、わらで作られた「知恵の輪」をくぐって、合格を祈りました。

合格祈願の法要は、大阪 天王寺区の四天王寺にある「元三大師堂」で行われました。

お参りをすると知恵がつき記憶力がよくなる御利益があるとされ、午前10時の始まりに合わせて、受験生や保護者などが、試験合格や学問成就の祈願に訪れました。

そして2列に並んで、わらで作った直径およそ2.2メートルの「知恵の輪」をくぐったあと、僧侶から「お加持」を受けていました。

また、去年に引き続き、新型コロナウイルスの感染防止対策として法要のライブ配信も行われました。

高校受験を来月に控えているという大阪 中央区の中学3年生の女子生徒は、「最後まで頑張って勉強して、絶対合格したいです」と話していました。

また今月、中学を受験するという大阪 阿倍野区の小学6年生の女子児童は、「受験が近づいてきて緊張するけど、お参りをして力をもらえたと思うので頑張りたい」と話していました。