天皇陛下 新年のビデオメッセージ

元日の1日、天皇陛下は、新年にあたってビデオメッセージを出し、去年に続いて新型コロナウイルスに直面する人々への思いを述べられました。

天皇陛下のビデオメッセージは、去年に続いてことしも、新年一般参賀が感染拡大防止のため行われないことに伴い作成されました。

宮内庁が午前5時半に公開したおよそ6分の動画では、冒頭、天皇皇后両陛下が、それぞれ新年のあいさつをされています。

このあと天皇陛下が、新型コロナウイルスの影響について、仕事を失ったり苦しい生活状況に陥ったりする人も多く心が痛むとしたうえで「助けを必要としている方々のところに、多くの温かい手が差し伸べられることを願ってやみません」と話されました。

そして「国民の皆さんのこれまでのご苦労もいかばかりかと思いますが、今一度、私たち皆が、これまでの経験に学び、感染症の対策のための努力を続けつつ、人と人とのつながりを一層大切にしながら、痛みを分かち合い、支え合って、この困難な状況を乗り越えていくことを心から願っています」と語りかけられました。

天皇陛下は、最後に「本年が、皆さんにとって、明るい希望と夢を持って歩みを進めていくことのできる良い年となることを、心から願っています」と述べられました。
ビデオメッセージでは、皇后さまも「年の暮れからの寒波で大変な思いをされている方も多いのではないでしょうか。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように」とことばを添えられました。
ことしのビデオメッセージは、耳の不自由な方にも分かってもらえるように字幕付きで公開されています。