愛媛で初 鳥インフルエンザ確認 養鶏場の13万羽処分始める

愛媛県西条市の養鶏場で多数のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。愛媛県で鳥インフルエンザが確認されたのは初めてで、県はこの養鶏場のニワトリ、およそ13万羽の処分を始めました。

愛媛県によりますと、30日午前、西条市の養鶏場でおよそ30羽のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、高病原性の「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

県は31日未明に緊急の対策会議を開いて対応を協議し、午前3時半ごろから養鶏場で飼育されているおよそ13万羽のニワトリの処分を開始しました。

また、半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその区域から外への出荷を禁止する「搬出制限区域」にそれぞれ指定しました。

対策会議で、中村知事は「全庁をあげて封じ込めを行い感染拡大を防ぐとともに、ほかの地区でも監視体制を強化してほしい」と指示しました。愛媛県で鳥インフルエンザが確認されたのは初めてです。

県は、制限区域の境界付近に消毒ポイントを8か所設置し、畜産関係の車両の消毒を行うことにしています。