世田谷一家4人殺害事件から21年 遺族“一日も早い解決を”

東京 世田谷区で一家4人が殺害された事件から21年となり、遺族が墓参りをして一日も早い事件の解決を訴えました。

2000年の大みそか、東京 世田谷区の住宅で、会社員の宮沢みきおさん(44)、妻の泰子さん(41)、長女のにいなちゃん(8)、長男の礼くん(6)の一家4人が殺害されているのが見つかりました。

4人は、前日の12月30日の深夜に事件に巻き込まれたとみられ、30日、事件発生から21年となりました。

亡くなった宮沢みきおさんの母親の節子さん(90)は4人の墓がある埼玉県新座市の霊園を訪れ、花を供えて静かに手を合わせていました。
節子さんは「『みんながいるころはいちばん弱かったおばあちゃんが、今は1人で頑張っているよ。一日も早く犯人が見つかるようこれからも頑張ります』と伝えました。犯人には、なぜ4人をこんな目にあわせなくてはいけなかったのか、その理由を聞きたいです」と訴えていました。

事件に関する情報は、成城警察署の捜査本部 電話・03-3482-3829または警視庁のホームページで受け付けています。