政府 オミクロン株 感染拡大に備え 医療提供体制を整備へ

オミクロン株の感染確認が相次ぐ中、政府は、人の移動が多くなる年末年始の状況を注視するとともに、急速な感染拡大が生じた場合に備え、自治体と連携して病床の確保など医療提供体制の整備を進めることにしています。

新型コロナの新たな変異ウイルス、オミクロン株をめぐっては、28日、岩手県で、東北地方で初めてとなる感染者が確認されたほか、大阪府内でクラスターが発生するなど、各地で感染者が相次いでいます。

新型コロナ対策を助言する厚生労働省の専門家会合は28日、地域で一定規模の感染が起きている可能性があり、今後、急速な感染拡大を想定すべき状況だと指摘しました。

これを受けて岸田総理大臣は、専門家会合の脇田隆字座長らから状況の説明を受けたあと関係閣僚に対し、人の移動が多くなる年末年始の感染状況を注視し、先手先手で対応するよう指示しました。

政府は、急速な感染拡大が生じた場合に備え、自治体と連携して病床の確保など医療提供体制の整備を進めるとともに、自宅療養者に十分な医療を提供するため、健康観察やオンライン診療などを行える医療機関を増やしていく方針です。

また、国民に対し、マスクの正しい着用やこまめな手洗いなどの基本的な感染対策を徹底するのに加え、帰省や旅行などは慎重に検討し、少しでも体調が悪い場合は外出を控え、医療機関を受診するなど、感染リスクを下げる取り組みへの協力を呼びかけています。