兵庫・鳥取県境 氷ノ山の行方不明 警察が4人を救助 1人を捜索

兵庫県と鳥取県の境にある山、氷ノ山に出かけたまま行方が分からなくなっていた30代から70代の男性5人のグループについて、警察は、このうちの4人を発見し、ヘリコプターで救助しました。
残り1人が動けないということで捜索を続けています。

兵庫県と鳥取県の境にある氷ノ山に、今月25日から1泊2日の日程でキャンプに出かけていた32歳から70歳の男性5人は、26日夜になっても戻らず、家族から連絡を受けた警察と消防が捜索に当たってきました。

28日の午後1時半すぎになって、警察のヘリコプターが歩いて山を下りる4人を発見し、午後3時ごろまでに4人を救助しました。

警察によりますと、5人は会社の同僚やその知人だということで、今月25日の午後に氷ノ山の南側の兵庫県宍粟市波賀町から車3台に分乗して登山道から山に入り、遭難した可能性が高いということです。

警察は4人から事情を聞いて、動けなくなっているもう1人の捜索を続けることにしています。

標高1510メートルの氷ノ山周辺は強い寒気の影響で厳しく冷え込み、近くの「ばんしゅう戸倉スキー場」では28日午前7時半の時点で、雪が1メートル20センチほど積もっているということです。