兵庫・鳥取県境の氷ノ山 登山の男性5人が戻らず 4人は自力下山

兵庫県と鳥取県の境にある山、氷ノ山に1泊2日で出かけた30代から70代の男性5人のグループが、帰る予定の26日夜になっても戻らず、警察や消防が捜索しています。消防によりますと、1人は動けず、ほかの4人は自力で山を下りている途中だということです。

このグループは、大阪市や大阪 高槻市、奈良市などに住む32歳から70歳の男性5人です。

5人は、今月25日から1泊2日の日程で氷ノ山に出かけましたが、帰る予定の26日夜になっても戻らないと家族から警察と消防に連絡がありました。

消防によりますと、27日午後6時半ごろこのうちの1人から電話があり、「1人が動けない状態のため残る4人で下山を試みる」と話したということです。

また、28日午後1時前には「4人とも元気で、雪をかきわけながら1分間に10メートルほど進み、下山を続けている」と連絡があったということです。

警察によりますと、5人は会社の同僚やその知人で、携帯電話の位置情報などから今月25日の午後に氷ノ山の南側の兵庫県宍粟市波賀町戸倉の登山道から山に入り、その後遭難した可能性が高いということです。

警察と消防は27日に続いて、28日朝は9時からおよそ30人の態勢で捜索し、兵庫県警のヘリコプターも空から捜索を続けています。

標高1510メートルの氷ノ山周辺は強い寒気の影響で厳しく冷え込み、近くの「ばんしゅう戸倉スキー場」では28日朝7時半の時点で、雪が1メートル20センチほど積もっているということです。