秋篠宮様 「日本学生科学賞」受賞の生徒とオンラインで懇談

秋篠宮様は24日、中高生を対象にした「日本学生科学賞」の表彰式に出席し、受賞した生徒とオンラインで懇談されました。

この賞は、中学生や高校生による物理や生物などの分野の研究を対象にしたもので、ことしは7万点余りの中から22の作品が入賞しました。

東京 江東区で開かれた表彰式には秋篠宮様が出席され、受賞した生徒たちはオンラインで参加しました。

表彰式のあと秋篠宮様は、受賞した生徒とオンラインで懇談され、このうちオシロイバナの種の研究で「内閣総理大臣賞」を受賞した千葉県君津市の中学2年生、赤羽真帆さん(14)は「ほかの植物でも試すとおもしろいと思います」とことばをかけられ「私もそう思います。ほかの植物も調べて視野を広げたいと思います」と話していました。
また、ハチの行動についての研究で「内閣総理大臣賞」を受賞した三重県志摩市の高校2年生、河原永昌さん(17)には、研究の内容を詳細に尋ねられていました。

懇談のあと、河原さんは「私の研究に理解を示して、細かいところまで質問してくださり、貴重な経験になりました」と話していました。