世界初 液化水素の運搬船 神戸からオーストラリアへ出航

燃やしても二酸化炭素を出さないことから、脱炭素のエネルギーとして期待される、水素を液化して運ぶ世界で初めての運搬船が、24日、神戸市からオーストラリアに向けて出航しました。

24日、神戸市から出航したのは、大手機械メーカーの「川崎重工業」が建造した、世界で初めてとなる液化水素を運ぶ運搬船「すいそ ふろんてぃあ」です。

全長116メートルで、気体の水素をマイナス253度に冷やして液化し、体積を800分の1にすることで、1回の航行で燃料電池車およそ1万5000台分の水素を運ぶことができます。

船は「褐炭」と呼ばれる不純物が多く安い石炭が豊富なオーストラリアに向かう予定で、現地で褐炭から水素を取り出して液化し、船に積み込んで、来年2月に帰国する予定です。

会社では、液化水素を日本まで効率よく運ぶための実証実験を重ねたうえで、2030年の商用化を目指すことにしています。

川崎重工業の水素戦略本部の西村元彦副本部長は「持続可能な社会に向けて一歩を踏み出す記念すべき日になった。きっちりと検証し、十分にデータが得られる実証事業になるよう期待している」と話していました。

水素について、政府は2050年の利用量を今の10倍の2000万トン程度に増やす目標を掲げています。