25日以降 日本海側中心に大雪 九州などで積雪も 早めの備えを

25日、土曜日のクリスマス以降、上空に数年に一度クラスの強い寒気が流れ込む見込みで、日本海側では大雪となり、九州や四国など、ふだん雪が降らない地域でも積雪のおそれがあります。
冬型の気圧配置も強まって荒れた天気となり、交通にも影響が出るおそれがあるため、最新の情報に注意し、冬用タイヤの装着など早めの備えを進めてください。

気象庁によりますと、北海道付近は冬型の気圧配置の影響で、断続的に雪が降っていますが、25日土曜日以降、上空には数年に一度クラスの強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪になる見込みです。

25日の夕方から26日の夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県で70センチから1メートル
▽北陸で50センチから70センチなどと予想されています。

中国地方や北日本などでも雪の量が増えるほか、強い寒気は西日本の太平洋側まで南下するため、日曜日ごろには九州南部や四国など、ふだん雪の少ない平地でも積雪のおそれがあります。

冬型の気圧配置も一層強まる見込みで、日本海側を中心に雪や風が強まり、荒れた天気となる見通しです。

雪雲が予想より発達した場合、短時間で積雪が急増し、立往生などの危険性が高まるおそれもあるとしています。

また、冬型の気圧配置は、来週火曜日ごろまで続く見込みで、積雪が増えたり、交通への影響が長引いたりする可能性もあります。

気象庁は、最新の情報に注意するとともに、大雪による交通への影響に警戒し、なだれや着雪、強風、高波に十分注意するよう呼びかけています。

人の移動が増える時期にあたります。

予定の見直しのほか、冬用タイヤやチェーンの装着など、早めの備えを進めてください。