自民党 安倍・麻生・茂木の3氏が会談 政権基盤安定へ結束確認

自民党の安倍元総理大臣、麻生副総裁、茂木幹事長が22日夜、会談し、それぞれが率いる3つの派閥が結束して岸田政権を支えるとともに、政権基盤の安定に向けて、来年の参議院選挙での勝利を目指すことで一致しました。

自民党の安倍元総理大臣と麻生副総裁、茂木幹事長の会談は22日夜、東京都内の日本料理店で行われました。

この中では、3人が会長を務めている党内最大派閥の安倍派、第2派閥の麻生派と茂木派で岸田政権の主要なポストを担っていることも踏まえ、3つの派閥が結束して政権を支えていくことを確認しました。

また来年夏の参議院選挙の情勢について意見を交わし、政権基盤の安定に向けて、勝利を目指すことで一致しました。

一方、22日夜は自民党の菅前総理大臣と森山前国会対策委員長、林前幹事長代理、武田前総務大臣の、菅政権を支えたメンバーが東京都内で会談し、石破元幹事長も出席しました。

会談では菅政権が掲げた政策の実現に向けて意見が交わされたものとみられます。