高さ約25m “実物大”ガンダム 福岡に出現 来年春に一般公開へ

人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場した機体をモデルにした、高さおよそ25メートルもある実物大の「ν(にゅー)ガンダム」が福岡市に姿を現しました。

「νガンダム」は来年春に福岡市の青果市場跡地に開業する商業施設で一般公開されるのを前に22日、1日だけ関係者に公開されました。

クレーンで頭部が持ち上げられ、胴体にドッキングされると、拍手が上がっていました。

姿を現した「νガンダム」は、1988年に公開された映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」で主人公のアムロが搭乗していた機体をモデルにして新たに作られたもので、重さおよそ80トン、高さ24.8メートルあります。

右腕と頭部が動くということで、最終調整を経て来年春に一般公開されます。

バンダイナムコエンターテインメントの藤原孝史チーフガンダムオフィサーは「海外でもガンダム人気が高まっていて、福岡からアジアに向けた発信力も期待できる。ぜひここに来てガンダムの迫力や熱量を感じてほしい」と話していました。

青果市場の跡地では商業施設の「ららぽーと福岡」のほか、バスターミナルや広場も整備される予定で、国内外から人気を集める「νガンダム」を展示し、多くの人に足を運んでもらいたいとしています。

商業施設の開発を進める三井不動産商業施設本部リージョナル事業部の高山卓磨主事は「買い物だけではなく、エンターテインメントを通じて来た人が感動できる施設にしたい」と話していました。