維新 “関西以外で党勢拡大” 参院選で改選議席2倍獲得目指す

衆議院選挙で大幅に議席を増やした日本維新の会は、拠点とする関西以外での党勢の拡大に向け、来年の参議院選挙で改選議席の倍の12議席の獲得を目指すことになりました。

衆議院選挙で大幅に議席を増やした日本維新の会は、拠点とする関西以外への党勢の拡大を図るため作業チームを設置し、22日初会合を開きました。

そして来年の参議院選挙で、改選議席の倍の12議席の獲得を目指すほか、再来年の統一地方選挙で、大阪以外の議員を倍増させ、全国で600人の地方議員を誕生させることや次の衆議院選挙では野党第1党を目指すことなどを決めました。

作業チームは今後、候補者の擁立に向けた人材の発掘や地方組織の強化などなどに取り組むということです。

作業チームの責任者を務める藤田幹事長は「全国政党へと飛躍するための戦略を立案し、新しい政党や政治の在り方を国民に訴えていきたい」と述べました。