10万円現金一括給付 東京都内では最も早く江戸川区で

18歳以下への10万円相当の給付について、東京 江戸川区は22日、都内の自治体で最も早く、現金10万円を一括で給付しました。

18歳以下への10万円相当の給付について、NHKが都内62の区や市などに取材したところ、現金10万円の一括給付は江戸川区が最も早く22日に給付が行われました。

対象になったのは、児童手当の対象となっている、0歳から15歳までとそのきょうだいで16歳から18歳を養育する世帯のうち公務員を除くおよそ4万6000世帯です。

区では政府が先週、現金での一括給付などの指針を示したことを受け、1日も早く一括現金で給付しようと急ピッチで準備を進め、21日に案内文を送付し22日、口座に振り込みを行ったということです。

区内の子育て中の世帯からは歓迎の声が聞かれ、このうち4人の子どもを育てる40代の女性は「出費が多い時期なのでとてもありがたく、子どもの部活で使うものなどを買いたいと思います。子どもたちの食費などもかかっているのでクーポンよりも現金でよかったです」と話していました。

江戸川区児童家庭課の佐久間義民課長は「年末年始でお金が必要な時期だと思うので、子どもたちが笑顔になることにお金が使われてほしいです。また、10万円を子育てのために区内で消費してもらうことで町全体が活性化して元気になればいいなと思っています」と話していました。