ヤフー 防災速報 通知を誤配信 “ゲリラによる攻撃が発生”

IT大手のヤフーで22日午後、「ゲリラによる攻撃が発生した」などといった通知を誤って自社のアプリの利用者に配信するトラブルがありました。ことし9月にも同じような配信トラブルがあったばかりで、会社が原因を調べています。

ヤフーによりますと、22日午後3時すぎニュースや防災速報などを配信しているアプリの利用者に「ゲリラや特殊部隊による攻撃が発生しました」などといった内容の通知が配信されました。

「国民保護情報」というタイトルで、対象地域は日本全土、発表時間は2006年1月30日14時6分と記載されていました。

これについてヤフーは、人為的なミスでテスト配信の内容を誤って外部に通知してしまったと説明していて、インターネットのホームページの画面に「お客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございません」という陳謝のコメントを掲載しました。

ヤフーは、ことし9月にも配信システムのテスト中に「阿蘇山で噴火が発生」や「津波注意報が発表中」といった誤った内容を配信するトラブルがあったばかりです。

会社でトラブルの原因を調べています。