KDDI 定額 近距離 配車サービス開始へ 月額5000円回数制限なし

携帯大手のKDDIは、高速バスの運行会社と提携し、定額・近距離の配車サービスを全国で始めると発表しました。スマートフォンを通じて得た人の流れに関するデータも使い、利便性を高めていくねらいです。

KDDIが提携するのは、高速バスを運行する「WILLER」で、新たに会社を設立し、利用者が乗る場所や目的地に応じて配車をするサービスを始めます。

もともとバスの運行会社が東京などでサービスを手がけていましたが、新会社は半径2キロの範囲を目安に、月額5000円を払えば回数の制限なく利用できる定額制のサービスとして、全国展開を目指すとしています。

さらに、スマートフォン利用者の移動や流れを分析したデータも活用して利便性を高め、主に運転免許を返納した高齢者や子育て世代など近距離を手軽に移動したいというニーズを取り込みたいとしています。

KDDIのタカ橋誠社長は東京都内で会見し「生活圏を移動する『ちょい乗り』の新たなサービスとして、高齢者の移動不安などさまざまな社会課題の解決につなげたい」と述べました。