大阪 ビル放火事件 事件前に非常階段の扉に外側から粘着テープ

大阪 北区のビルに入るクリニックが放火され、25人が死亡した事件で、事件の前にクリニックから非常階段に通じる扉に何者かによって外側から粘着テープが貼られているのが見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。事件当日にクリニックの院長が家族に伝えていたということで、警察は事件との関連がないか調べています。

今月17日、大阪 北区曽根崎新地のビルの4階にある心療内科のクリニックが放火された事件では21日未明、病院で治療を受けていた20代とみられる女性1人が死亡し亡くなった人は25人となりました。

警察はこの事件で重篤な状態になり、殺人と放火の疑いで捜査している男について住所・職業不詳の谷本盛雄容疑者(61)だと公表しています。

その後の捜査で事件の前に、クリニックから非常階段に通じる扉に何者かによって外側から粘着テープが貼られているのが見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

事件当日にクリニックの院長が家族に伝えていたということで、警察は事件のあと情報を把握したということです。

警察は現場検証を行うなどして事件との関連がないか調べています。