岡山県 伊原木知事の後援会 実質的に法律上限超える寄付受領か

岡山県の伊原木知事の後援会が、去年、知事の父親から複数の政治団体を経由するなどして、実質的に法律の上限を超える850万円の寄付を受け取っていたことが政治資金収支報告書の分析でわかりました。
その前の2年間も、同じような方法で実質的に上限を超える寄付を父親から受けていて、政治とカネの問題に詳しい専門家は「寄付制限の趣旨を逸脱する行為だ」と指摘しています。
伊原木知事はNHKの指摘を受け、後援会に早急に是正させる考えを示しています。

先月公表された政治資金収支報告書によりますと、岡山県の伊原木知事の後援会で、政治団体の「いばらぎ隆太後援会」は、去年、知事の父親の伊原木一衛氏から100万円、5つの政治団体からそれぞれ150万円の寄付を受け取っています。

この5団体の収支報告書をNHKが分析したところ、いずれも、後援会に寄付する前に一衛氏から150万円の寄付を受けていました。

これら5団体は去年、このほかに収入はなく、前の年からの繰越金もほとんどないため、一衛氏からの資金がそのまますべて知事の後援会に渡される形になっていました。

政治資金規正法は、1つの政治団体が1人の個人から1年間に受け取れる寄付の上限を150万円と定めていますが、後援会はこれを超える850万円を1人の個人から実質的に受け取っていたことになります。

後援会は、同じような方法で一衛氏からおととし450万円を、3年前には300万円を実質的に受け取っていました。

政治とカネの問題に詳しい東京大学の谷口将紀教授は「政治資金規正法で定められた寄付制限の趣旨を逸脱する行為だ。知事には説明責任がある」と指摘しています。

NHKの取材に対し、伊原木知事と一衛氏は連名で、文書で回答しました。

この中で伊原木知事は「後援会に任せていたので詳細については把握しておりませんでしたが、法律に抵触するおそれがあるとの指摘を受けたので、早急に是正させます」としています。

また、一衛氏は「取材を受けるまで各団体の具体的な活動については承知しておりませんでした。法律にのっとり、各団体を支援していたつもりです。ただ、法律に抵触するおそれがあるとの指摘ですので、今後、指摘を踏まえて対応させていただきたい」としています。