ドローンとロボットで無人配送 日本郵便が実証実験

過疎地などで物流網の維持が課題となる中、日本郵便はドローンと地上を走るロボットを組み合わせて、荷物の配送を行う実証実験を東京 奥多摩町で行いました。

実証実験はドローンとロボットを組み合わせて行う、無人配送の実現に向けて課題を探ろうと日本郵便が行いました。

ドローンは、まず、奥多摩町の拠点を荷物を載せて離陸し、2キロほど離れた中継ポイントに到着すると、3メートルほどの高さから荷物を切り離し、地上で待ち構えていた自動走行ロボットに受け渡しました。

続いてロボットは、200メートルほど自動で走行し、荷物を届け先の住宅の前に置いて配達を完了しました。

物流業界では、山あいの過疎地などで「ラストワンマイル」と呼ばれる、届け先にいちばん近い区間での配達員の不足が課題となっています。

こうした中、日本郵便では、ドローンと地上のロボットを組み合わせることで、より少ない人数での配達が可能になるとしていて、今後も実用化に向けた実験を続けることにしています。

日本郵便の小池信也常務執行役員は「人口減少など社会課題が多い中、先端技術を使った人手に頼らない取り組みが重要だ。実用化に向けた取り組みを深めたい」と話していました。