ダイハツ 2030年までに 国内新車 すべてハイブリッド車とEVに

軽自動車を主力とする「ダイハツ工業」は、2030年までに国内で販売する新車はすべてハイブリッド車とEV=電気自動車にするという目標を明らかにしました。国内の新車のおよそ4割を占める軽自動車でも電動化が進みそうです。

軽自動車サイズのEV 2025年までに投入

軽自動車を主力としているダイハツ工業は20日、新車の発表会を開き、奥平総一郎社長が今後の電動化の戦略を説明しました。

この中では、まず、会社としては初めてとなる軽自動車サイズのEVを2025年までに投入するとしています。

さらに2030年までに、国内で販売する新車はすべてハイブリッド車とEVにすることを目指すとしています。

奥平社長は、軽自動車サイズのEVについて「お支払いいただく価格は100万円台でないとお求めになっていただけないと思う」と述べ、補助金を含めて200万円未満で購入できる価格にしたいという考えを示しました。

軽自動車サイズのEVをめぐっては、日産自動車と三菱自動車工業が来年度のはじめごろに販売するほか、ホンダやスズキも市場に投入する方針を示しています。

今月はトヨタ自動車がEV戦略を大幅に強化する計画を打ち出しましたが、国内の新車のおよそ4割を占める軽自動車の分野でも電動化が進みそうです。