大阪 ビル放火事件 “容疑者が出入り口前で立ちはだかる様子”

17日に大阪 北区のビルに入るクリニックが放火され、24人が死亡した事件で、火が出た直後、61歳の容疑者が出入り口の前で両手を広げて立ちはだかるような様子が防犯カメラに写っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察はクリニックの中にいた人が逃げられないようにしていた疑いがあるとみて捜査しています。

17日に大阪 北区曽根崎新地の8階建てのビルの4階にある心療内科のクリニックが放火され、24人が死亡した事件で、警察は19日未明、火をつけたとみて殺人と放火の疑いで捜査している男について、住所・職業不詳の谷本盛雄容疑者(61)だと公表しました。

警察によりますと、谷本容疑者は搬送された病院で重篤な状態になっているため、逮捕状の請求はしていないということです。

現場では19日も午前10時ごろから捜査員らがビルの中に入り、警察が現場検証を行っています。

これまでの捜査で、現場の防犯カメラには、クリニックに紙袋を持ち込み、床に置いて蹴り倒したあと袋から漏れ出した液体が燃え上がる様子が写っているということです。

さらに捜査関係者への取材で、防犯カメラには火が出た直後、谷本容疑者がクリニックの出入り口の前で両手を広げて立ちはだかるような様子が写っていたことがわかりました。

警察は中にいた人が外に逃げられないようにしていた疑いがあるとみて詳しく調べています。