脚が1306本!地球上で最も脚の多い生物か 新種のヤスデ発見

脚が1306本もある新種のヤスデが、オーストラリアで見つかり、研究チームは「地球上で最も脚の多い生物」だとしています。

これは、アメリカ・バージニア工科大学などの研究チームが、16日付けの科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」の中で発表しました。

それによりますと、研究チームは去年からことしにかけて、鉱物探査のために掘られたオーストラリア西部の穴の中で、ひものように細長い、新種のヤスデ8匹を発見しました。

このうち、地下60メートル付近で見つかった最も大きなメスは、長さおよそ9.5センチ、太さ1ミリ足らずで、全身が330の節に分かれ、脚が1306本あったということです。

一方、オスはこれより小さく、脚の数は最も多いもので818本でした。

ヤスデは英語で「1000本の脚」を意味する「ミリピード」と言いますが、研究チームによりますと、これまで知られていた最も脚が多いヤスデは750本でした。

実際に脚が1000本を超える種の発見は初めてで、学名は「真の1000本の脚」などという意味の「ユーミリペス・ペルセフォネ」と名付けられました。

研究チームは、新種のヤスデは「地球上で最も脚の多い生物」だとして、多くの小さい脚を使って地下深い、狭い隙間を動き回っているのではないかと分析しています。
研究チームの一員で、生物学者のブルーノ・ブザット氏は「非常に小さいので、脚の数を正確に数えるのに膨大な時間がかかった」と話しています。