大阪 ビル火災 火をつけたとみられる男 病院に搬送 危険な状態

17日午前、大阪 北区の繁華街のビルで起きた火災で28人が病院に搬送され、このうち24人の死亡が確認されました。
警察はビルの中にあるクリニックを訪れた50代から60代くらいの男が火をつけたとみて殺人と放火の疑いで捜査本部を設置しました。
捜査関係者によりますと、男は病院に搬送されて治療を受けていて、容体はかなり危険な状態だということです。

17日午前10時20分ごろ、大阪 北区の曽根崎新地で「ビルの4階が燃えている」と複数の人から消防に通報がありました。

警察と消防によりますと、火元は8階建てのビルの4階部分にある心療内科と精神科などが専門のクリニック「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」とみられています。

消防車80台が出て消火活動にあたり、およそ30分後に火はほぼ消し止められ、ビルの4階、25平方メートルが焼けたということです。

警察によりますと、この火災でこれまでに28人が病院に搬送され、このうち24人の死亡が確認されたということです。

男性が14人、女性が10人だということです。

身元は確認されていませんが24人は20代から60代くらいとみられるということです。

出火当時、24人はいずれも、4階のクリニックのなかにいたということです。

また、ほかの4人については、3人は搬送時に意識がなく、もう1人は軽傷だということです。

この火災について警察はクリニックを訪れた男が火をつけたとみて殺人と放火の疑いで捜査本部を設置しました。

警察によりますと、出火当時、現場のクリニックの待合室にいて逃げ出した患者の女性2人は紙袋を持った50代から60代くらいの男がクリニックに入ってきて待合室の暖房器具の近くに紙袋を置いて蹴り倒し、漏れ出た液体が引火したと話しているということです。

捜査関係者によりますと、男は病院に搬送され、治療を受けているということで、容体はかなり危険な状態だということです。

クリニックの患者によりますと「リワークプログラム」と呼ばれる職場に復帰するためのリハビリが行われる日は多くの人が訪れるということです。

クリニックのホームページによりますと金曜日の午前中には「リワークプログラム」が予定されていました。

現場はJR北新地駅からほど近い、ビルや飲食店が建ち並ぶ繁華街の一角です。