ドローン300機が冬の夜空彩るショー 今夜から 北海道 上士幌町

北海道の上士幌町で、300機のドローンを使って夜空に光の絵を描くショーが、16日から始まります。

「クリスマスドローンショー」と名付けられたこのイベントは、新型コロナウイルスの影響でさまざまな催しが中止に追い込まれる中、人々に少しでも明るい気持ちになってもらいたいと、上士幌町の道の駅で行われるものです。

ショーでは音楽に合わせて、LEDライトが取り付けられた300機のドローンが自動飛行しながらトナカイやサンタクロースなど夜空にさまざまな絵を浮きあがらせます。

15日夜は町民向けの前夜祭が開かれ、700人が目の前に広がる鮮やかな光のショーを堪能していました。

子どもと訪れた女性は「感動しました。ドローンがこんなにすごいものだとは思いませんでした」と話していました。

実行委員会によりますと、300機のドローンを使うのは国内でも最大規模だということです。

ドローンショーは16日から悪天候の日を除き、12月25日まで上士幌町の道の駅で、毎日午後6時半と7時半の2回行われ、無料で公開されます。