電動キックボード今月から取締り強化 事故や違反相次ぎ 警視庁

手軽な交通手段として利用が広がっている、電動キックボードによる事故や違反が相次いでいるとして、警視庁は今月から取締りを強化することになり15日、その様子が報道陣に公開されました。

都内では都心部を中心に電動キックボードの利用者が増えていますが、事故や違反が相次いでいて、一部の住民からは対策を求める声が上がっています。

このため警視庁は、今月から取締りを強化することにしたもので、15日は港区麻布十番の交差点に24人の警察官が集まりました。

電動キックボードは原付きバイクなどとみなされ、公道を走る際は運転免許に加え、ナンバープレートやミラーなどが必要です。

警察官たちは、電動キックボードで通りかかった人に声をかけ、運転免許などを確認したうえで、ルールを守って安全に利用するよう指導していました。

15日の午前中の取締りでは、違反は確認されなかったということです。

警視庁によりますと都内では、ことしに入ってから電動キックボードが関係する事故が、先月末までに合わせて60件に上り、16人がけがをしています。

警視庁交通総務課の作道英文課長は「これまではルールの周知に重点を置いてきたが、今後は反則切符を交付される可能性があるということを広く知ってほしい」と話していました。