トヨタ EV世界販売“2030年に350万台”大幅な戦略強化打ち出し

トヨタ自動車は14日、2030年にはEV=電気自動車の世界販売を350万台とし、代表的ブランドのレクサスでは将来的に新車のすべてをEVにするという大幅な戦略強化を打ち出しました。先にEVの強化に乗り出した海外メーカーとの競争は激しくなる見通しで、存在感を高められるかが焦点です。

トヨタ自動車は14日、2030年にはEVの世界販売を年間350万台とするなど、これまでの目標を大きく引き上げる計画を明らかにしました。

とりわけ代表的な高級車ブランドのレクサスでは、2030年には北米、ヨーロッパ、中国で、2035年には世界全体ですべての新車をEVにする計画で、大幅な戦略強化となります。

会社の関係者は「EVに関心が高まっている市場の変化に対応するためだが、『トヨタは得意のハイブリッド車にこだわっていて、EVの開発には消極的だ』という見方も多く、払拭するねらいもある」としています。

トヨタが計画するEVの販売台数は世界有数の規模となりますが、販売実績で先行する欧米や中国など海外メーカーとの競争は激しくなる見通しで、存在感を高められるかが焦点です。

一方トヨタは、2030年までにEVだけではなく、ハイブリッド車や燃料電池車も含めた電動車全体の開発に8兆円を投じるという巨額の投資計画も明らかにしました。

インフラや経済状況など国や地域の実情に応じてさまざまなタイプの車を投入する構えで、EVだけをつくるという“専業”メーカーを目指す動きとは一線を画し、全方位の戦略を続ける方針です。