北京五輪 フィギュアスケート団体 日本が3大会連続出場へ

来年2月の北京オリンピックのフィギュアスケート団体に出場する国や地域が発表され、日本の3大会連続出場が決まりました。

国際スケート連盟は13日、北京オリンピックのフィギュアスケート団体について、昨シーズンの世界選手権や今シーズンのグランプリシリーズの成績などに基づいて出場が決まった日本を含む10の国や地域を発表しました。

日本のほかにはロシア、アメリカ、カナダ、中国、イタリア、ドイツ、ジョージア、チェコ、ウクライナの出場が決まりました。

ロシアについては組織的なドーピング問題のため、IOC=国際オリンピック委員会から北京オリンピックへの選手団派遣は禁じられていますが、個人資格での参加が認められています。

フィギュアスケートの団体は男子、女子、ペア、アイスダンスの順位に応じた得点で争われ、日本はオリンピックで初採用された2014年のソチ大会と2018年のピョンチャン大会でいずれも5位でした。