インドネシア付近を震源 M7.6の地震 日本への津波の影響なし

アメリカの地質調査所から気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の14日午後0時20分ごろ、インドネシア付近のフローレス海を震源とするマグニチュード7.6の大きな地震がありました。気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はありません。

7センチの潮位上昇確認

この地震で、インドネシアの気象当局はフローレス島やその周辺のシッカ島、レンバタ島などに最大で高さ50センチの津波が到達するおそれがあるとして一時、注意を呼びかけました。

気象当局によりますと、フローレス島の観測所では7センチの潮位の上昇が確認されましたがその後大きな上昇は確認されず、日本時間の午後2時半ごろ津波に対する注意の呼びかけを解除しました。

国家災害対策庁によりますと、これまでにフローレス島で1人がけがをしたということです。また気象当局は、震源に近いスラヤル島で住宅が倒壊するなどの被害が出ているとしています。

現地ではその後も地震が相次いでいるということで、気象当局は引き続き地震に注意するよう呼びかけています。