HIS子会社 補助金不正受給の疑い「調査徹底を指示」斉藤国交相

旅行大手のエイチ・アイ・エスの子会社が観光需要の喚起策「Go Toトラベル」の補助金を不正に受給していた疑いがある問題を受けて、斉藤国土交通大臣は、ほかの事業者でも不正がないか調査を徹底するよう指示したことを明らかにしました。

Go Toトラベルを巡って、エイチ・アイ・エスの2つの子会社が宿泊の実態がないにもかかわらず、補助金を不正に受給していた疑いがあることがわかり、事務局や会社が設けた調査委員会がそれぞれ詳しい調査に乗り出しています。

これを受けて斉藤国土交通大臣は、14日の閣議のあとの記者会見で「Go Toトラベル事業での不正は、決して許されるものではない。調査結果も踏まえつつ適切な対応をしたい」と述べました。

そのうえで「本件以外の事案も含め、改めて不正や不適切な事案の調査を徹底するよう指示した」と明らかにし、ほかの事業者でも不正がないか調査を徹底していく考えを示しました。

一方、Go Toトラベルの再開については、年末年始の感染状況を見極めたうえで、年明け以降に判断する考えを重ねて示しました。