東京 中野区で住宅火災 63歳と71歳の夫婦が死亡

14日未明、東京 中野区の住宅で火事があり、この家に住む夫婦が死亡しました。警視庁などが火事の原因を調べています。

14日午前0時半ごろ、東京 中野区沼袋にある2階建ての住宅から「女性の悲鳴が聞こえ、炎が上がっている」などと、近所の人が消防に通報しました。

東京消防庁によりますと、消防車30台が出て消火にあたり、火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、住宅およそ60平方メートルが焼けました。

この火事で、住宅に住む、警備会社社員の伊藤司さん(63)と妻の洋子さん(71)が救出されましたが、死亡しました。

また、一緒に暮らす40代の息子と30代の妻、それに0歳の赤ちゃんが煙を吸うなどして病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。

警視庁などが火事の原因を詳しく調べています。

現場は、西武新宿線の沼袋駅から南東に300メートルほど離れた住宅街です。